九州の北東部に位置する大分県は、瀬戸内海に面して温暖な気候であり、山や海、草原や渓谷など、豊かな天然自然に恵まれています。全国ブランドの豊後牛をはじめ、しいたけ、関あじ・関さば、臼杵ふぐ、城下かれいと、大分は食の宝庫です。別府温泉や由布院温泉など、全国的に有名な温泉を有し、源泉数・湧出量ともに日本一で、炭酸泉や泥湯、冷泉などバラエティ豊かな温泉が揃っている、日本一の「おんせん県」です。
 また、FIFAワールドカップ(2002年)、第63回国民体育大会(2008年)、全国高校総体(2013年)など様々な大会の開催実績があり、充実したスポーツ施設・設備を有しております。
 本ホームページには、県内のスポーツ施設、合宿可能な宿泊施設、助成金制度などを掲載していますので、スポーツ大会・合宿の際の情報収集にご利用ください。